おたからや閉店数、閉店率は多いの?閉店理由はどうして!?

おたからやに加盟したいなと思った時、こんな事こと気になりますよね。

  • 新規出店情報はあるけど閉店はしてないの?
  • おたからやフランチャイズの閉店数は多い?
  • おたからやフランチャイズの閉店率はどの位?
  • お店を閉店したのはどんな理由なの?

おたからやホームページに閉店数や閉店率の記載がありません。

そこで、おたからやの閉店数や閉店率、閉店理由の情報を独自に調査しました。

あなたの情報収集のお役に立てて頂ければ幸いです。

おたからや閉店数について

今回、おたからやホームページを確認しましあが、おたからや閉店数の情報を見つけられませんでした。

そのため、インターネットでおたからや閉店数について検索して調べました。

しかし、実際に何店舗閉店しているかの情報を見つけることはできませんでした。

2ちゃんねる口コミ情報

おたからやの閉店数について、2ちゃんねるを検索した所

「年間90店舗以上閉店しているのでは」

といった閉店予測数の書き込みがありました。

しかしあくまで予測の書き込みになります。

おたからや閉店率について

おたからや閉店数と同じく、閉店率についてもホームページやインターネット検索で調べました。

しかし、おたからや閉店率情報を見つけることが出来ませんでした。

おたからや閉店理由について

インターネットでおたかやら元オーナーの口コミや体験談を探しましたが見つかりませんでした。

おたからや閉店情報

インターネットでおたかやら店舗の閉店情報を調べてみました。

【閉店】おたかやら帝塚山大学前店

閉店したおたからや帝塚山大学前店データ

店名:おたからや帝塚山大学前店
所在地:奈良県生駒市東生駒2-403-1 サワタビル1F
ホームページ:http://tezukayamadaigakumae.otakaraya.net/

閉店した帝塚山大学前店についての情報

ブログ記事で閉店したおたからや帝塚山大学前店についてかかれた記事を見つけました。

閉店した帝塚山大学前店についての記事内容ですが、

  • あまりのスピード閉店だった
  • おそらくオープンから3ヶ月程度で閉店した
  • 店舗があったことに気づいていない人もいる
  • ケーズデンキ、イオン横の立地
  • 場所は貴金属買取店には向かない立地に思える
  • 12坪86,000円の家賃では商売成立しない
  • 近隣にマダムは住んでいるが近所の目を気にして売りに来ないだろう

まとめると、記事はこのような内容になっていました。

今回閉店のおたからや帝塚山大学前店情報から分かったことや学んだことをご紹介します。

スピード閉店もあり得る

おたからや帝塚山大学前店は、オープンから約3ヶ月で閉店したとの情報です。
想像以上の早い閉店情報だったため情報を見た時、驚きました。

近隣施設は関係ない

イオンやケーズデンキといった大型商業施設があれば、集客にメリットがあると考えます。

しかし、おたからや帝塚山大学前店の閉店から考えると、近くに大型商業施設があっても、大きな集客メリットがないということですね。

おたからや出店時のテナント探しに、近隣の大型施設の有無はあまり気にする必要がないかもしれません。

家賃は抑える

今回閉店のおたからや帝塚山大学前店のテナントは、12坪86,000円の家賃との情報です。

この金額を見ても高い家賃だとは思いません。
安いのではないかとも思いました。

しかし12坪86,000円も集客できないと負担になります。

おたからやは、商圏にチラシをまいての集客を行う訳です。

この閉店したおたからや帝塚山大学前店は、3ヶ月に何回チラシを打ったのでしょううか。
何回商圏にチラシを撒いて、お店を閉店すると決めたのでしょうか。
とても気になります。

当面の運転資金が必要

3カ月間の家賃は
1)86,000円×3ヶ月=約17万円

3カ月間の本部への支払は、
2)ロイヤリティ― 10万円×3ヶ月=30万円
3)広告協賛金 10万円×3ヶ月=30万円

1+2+3の合計で76万円になります。

あとは掛かるものは
光熱費
チラシ代
チラシ折込やポスティング費用

今回のおたからや帝塚山大学前店は、運転資金の用意が少なったことはあるかもしれません。
毎月赤字が続いても、チラシ折込やポスティング集客で起動のるまでの十分な運転資金が必要だということです。

早い撤退も戦略

おたらかやフランチャイズの出店は、小さな店舗での運営が可能なため、出店経費も少なく出店できます。

実際にオープンしてみて、チラシを撒いて積極的に宣伝し、反応が悪かったら早めに閉店し別な店舗を探す。

それでまた新しい店舗で、チラシを撒いて集客してみる。

おたからやフランチャイズの場合、実際このような戦略も可能です。

事実は分かりませんが、おたからや帝塚山大学前店の閉店も別店舗へ移転して、再オープンしているかもしれません。
早い撤退もこのような積極的な閉店だった可能性もあります。

まとめ

今回、おたからやフランチャイズの閉店数、閉店率、閉店理由を、おたからやホームページや2チャンネルなどで検索して調べてみました。

閉店数などの実数を見つけることは出来ませんでしたが、実際に閉店した店舗情報を見つけることが出来ました。

閉店した店舗は、どんな店舗でどんな立地で閉店したのか?を知ることでとても学びになりました。

この記事を最後までお読みいただき有難うございました。

あなたのおたからや加盟の情報収集のお役に立てれば幸いです。

あなたのフランチャイズ成功を心から応援しています。

おたからや資料請求はこちら

無料資料請求でプレゼント!はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする